大島紬を着物買取に持ち込むとき気をつけること

着物には色々な産地のものや老舗のお店などのものがあります。

大島紬もそのひとつです。

大島紬と鹿児島県の奄美大島で織られている特産品のことです。昔からこれは織られていましたが、現在と同じように絹織物になったのは昭和になってからだといいます。大島の生地にもいくつか種類があります。なので、それぞれの特徴をしっかりと理解してくれる鑑定士の方がいる着物買取のお店に持ち込むようにするといいです。

買取店には着物のキズや汚れ、ほつれ、穴などがないかを確認してから持ち込むようにします。

汚れがあるときは、持ち込む前にクリーニング店に持っていってきれいにしてもらってから買取店に持ち込むといいです。特に襟が汚れているといい生地の着物でも価値が一気に下がってしまい、買取価格も下がってしまいます。なので、もし襟が汚れていたり、すそが汚れている場合はクリーニングに持っていき、きれいにしてもらうことが大切です。それから、季節にあった柄や色であることが大切です。

着物買取の専門店では大島紬は高額で買い取ってもらうことは多いです。ですが、状態が悪いものの場合、せっかくの大島紬も高額で買い取ってもらうことができない可能性があるので気をつけることが大切です。

大島紬の着物はその持ち込んだ人の採寸になっている場合は、買取価格が少し低くなってしまう可能性もあります。その理由は持ち主だった人の採寸で作られている場合、縫込みをしていないと次にその大島紬の着物を欲しがっている人が着ることができないので買い取りをしてくれるかどうかがわからないといいます。

着物買取のお店ではそのことも考えて着物をしっかりとチェックします。自分用に仕立ててしまった着物は買取のお店でも高額になるかどうかは実際に鑑定してみなければ査定の結果はわからないので一度持ち込むようにするといいです。

着物にもサイズというものがあります。たとえばどんな着物でも特殊なサイズになっていると買取はしてもらうことができたとしても、買い取り価格はあまり大きな金額になることはない場合もあるのです。基本的にフリーサイズで、反物から仕立ててしまっている場合は大島紬でも買取をしてもらっても小額になる可能性は高いです。

縫込みしてある程度ならば大島紬の場合は高額になることも多いです。ただし、状態がよく、きちんと保存管理をされていることがわかるものの場合です。

詳しくはこちらよりご覧ください

着物買取をするときはきちんと事前に色々なことを調べておくことが大切です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>