着物買取で高額査定になるためのコツ

高額査定にて着物買取をしてもらうコツは、着物の状態をちゃんと確認するという事が一番大切です。買取査定を出す前に保存状態のチェックを行いますが、新品や仕付けが付いている未使用の物など、着た回数が少ないほど高額査定になります。目安ですが、どの買取店であっても10年以内の着物の場合高く買い取ってもらえる傾向があります。たとえ10年以上経過している着物の場合でも、有名な作家の作品であったり、色柄・保存状態が良い物の場合には高額査定になる事もあります。着物はシミや色落ち、汚れ、虫食いやカビなどがある場合には価格が大幅に下がってしまう事があるので、普段の取扱いには注意が必要です。絹の経年劣化や見た目はきれいでも裏地が茶色くなってしまったり、金銀彩や箔が色が変わってしまったりと保管に注意をしていても価値が下がってしまっている事があります。どんなによい着物でも長期保管しているとシミや色褪せが出てしまうので、着る予定がない着物は劣化してしまう前に早めに買取査定を行う事が高額買取のコツになります。認紙の有無のチェックも必要です。認紙は品質や産地などを証明するための用紙ですが、有無によって査定額が大きく差が開くので、査定の時には忘れずに提出できるようにします。

着物買取を高額査定になる可能性がある着物のチェックのコツは、生地の質、サイズ、作品の作家、産地、流行の柄かなどです。生地の質では、正絹ではないと高額買取対象にはなりません。生地がウールや化学繊維の場合には高額査定になる事はありません。化学繊維の着物でも買取を行ってくれる店もありますが、金額は少額になってしまいます。生地が正絹の場合には、絹の重量を表す匁が大きいほど高額になる可能性が高いです。生地だけでなくサイズでは、小さすぎてしまう着物や特別サイズの場合には買い手がつかずにリサイクル用の生地にしか用途がないので、買い取り額は低くなりますが、サイズのコツのひとつに誰でも着る事ができる仕立て直しができる場合には問題ないです。作家の場合には、人間国宝の作品が一番高額となりやすく、工芸会や国画会の有名な作家の着物や老舗の呉服店が仕立てた着物などが高額査定の対象になります。加賀友禅、京友禅、越後上布、薩摩絣、丹波布、結城紬など産地で高額査定の対象になる事がありますが、流行遅れの人気のない柄や色の場合には、査定額は安くなりやすいです。種類別では訪問着の場合が高額の査定がつきやすく、振袖や紬、留袖、小物、帯といった順番で査定が高額になります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>