着物買取で気をつける事、喪服

喪服は人生で必ず必要なアイテムのひとつと言えます。ブラックフォーマルのような洋装の喪服をお持ちの方も多い中、和装の喪服をお持ちの方も多いのではないでしょうか。亡き祖母や母から譲り受けた貴重なものな為、自分では着用しない・高価でデリケートなわりに出番が少ない・保管などに手間がかかるなどの理由で手放すことを考える方もいるようです。しかし着物買取の査定に出す前にいくつか注意しなければならない点があります。

着物には高い値段のつく素材のものと買取のしてもらえないものが存在します。例えば有名な布地で作られたものや手に入りにくい珍しい希少価値のある布地で作られたものなどが該当します。しかし化学繊維(ポリエステルなど)の多く流通する着物や無名の着物は高価な価格での買い取りは期待できないと考えたほうがいいようです。また着物はどのような体系の方にも似合うような構造をしているといっても低身長の方用に着丈を短く詰めてしまっているなど購入する方を選んでしまうような形になってしまっているものも一般的な着物買取店では難しいかもしれません。(しかしそのような状態のものも買取してもらえる場合がある為、とりあえず査定だけ受けてみるのも方法のひとつです。)

また喪服に多いのが家紋入りのタイプです。やはりお嫁入りをきっかけに嫁ぎ先で家紋入りの喪服を用意し着用する事が結婚式や結納などが簡素化した今でも色濃く残っているようです。とても上等なしつらえで美しい喪服が多いのですが、着物買取となるとマイナスポイントになってしまう事もあるようです。家紋はやはり人を選んでしまう為、買取を断られる・かなり安い値段やはぎれの扱いなど中古販売などの分野から考えると在庫になりやすい・手間がかかりやすいので一般的に断られてしまうこともあります。(家紋のない無地の場合は素材により査定が変わってくるようです。)

また着物の汚れ(カビ・シミなど)もチェックし対処することが買取価格を上げることにもつながります。

しかし近年着物の中古市場の取引先の多様化や需要の変化により一般には難しいとされるものも買取に応じてくれる店も存在するようです。またインターネット上にも様々な買取サイトが存在する為、自分の理想に合った店を探しメールや電話を利用して探したり、

査定だけは無料なのでせっかくの着物を無駄にしたくない方は駄目もとで現物をプロに見てもらうというのも良い方法だと思います。

詳しくはこちらよりご覧ください

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>