着物買取の友禅の価値とは

着物買取では、同じ種類の着物でも、産地や織り方、染色技法などによって価値が異なってくることがよくあります。そのため、ある程度高値を期待していたら予想以上に安い金額になったというケースもありますし、ただ同然に買いたたかれることを覚悟して持ち込んでみたら、ある程度の金額になったというケースもあります。

一般的に、訪問着や留袖などに使われるような上品な柄の友禅は、比較的需要があるので高額で取引されています。加賀友禅や京友禅など産地によって呼び名も柄行も異なってきますが、いずれも古典的な普遍的に着用できるものもあれば、モダンな新柄もあり、人気の高い品物となっています。

中でも、高名な作家がデザインを手がけ、友禅で染めているような品物となると、双方の価値が評価されますので、比較的高値で取引されることもあります。ただし、作家の作品であることを証明する証明書や、反物の端についている証紙と呼ばれる品質保証所を保管しておいたほうが、その着物の品質を素人でも判断できる根拠となりますのでプラス査定になりやすいです。これらがついていない場合には、鑑定士によってはプラス評価の部分を見落とされることがありますので注意しましょう。

友禅を着物買取に出す場合には、高額で買取をしてもらうためのポイントがいくつかあります。品質が同じものの場合、サイズが大きいものの方がより高く買い取られる可能性があります。これは、着物は仕立て直すことによってサイズを縮めることは比較的簡単な反面、大きくすることが困難であるためです。近年では身長の高い女性も増えていることから160㎝以上の丈がある人の友禅はオークションでも比較的高値で取引されています。一方、身長が低い人でも、縫い代のところに生地を多めに織り込んで仕立てている場合には、ある程度サイズを大きくすることができますので値を上げることが可能です。

なお、着物買取の場合には、全く袖を通していないものであっても、仕立てている段階ですでに古着という扱いになりますので、思っていたよりもかなり安い金額でしか買い取ってもらえません。仮に反物で保管しておくと、自分のサイズに仕立て直すことができますのでかえって高く買い取ってもらえる場合もあります。

着物の買取に関しては、こちらの掲示板でもサイズによる価格の差、実際の買取り金額などいろいろなアドバイスを見ることができます。詳しくはこちらよりご覧ください

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>