着物

着物買取で気にいる品を見つけたら髪型から

着物は、普段から身近に感じていないと、フォーマルな時に身に着けるものと考えてしまいがちです。しかしもともとその時代時代によって着物の着こなしは変わるものでした。ですから現代には現代の着こなしがあっても当然です。着物を着こなすのに髪型にもこだわるというのも、良い着こなしですが、今の流行りの髪型に着こなしを合わせてゆくというのもまた、楽しいものです。大正時代などは自由な発想が生まれた時代でもあり、西洋文化をようやく自分の物として纏うことができ始めたということもあって、着物の着こなしも顕著に変わってきました。モダンガールが新しい着物の装いを提案していました。それまでは着物といえば髪を島田や丸髷、結綿などに結うといった感じでしたが、大正時代になるとウェーブを付けた耳隠しや断髪、いわゆるショートボブ風の髪型が流行しました。それにともなって着物もハイカラと言われる、今までにない色彩が人気となりました。こういった着物が今になってまた、アンティーク着物として注目されています。多種多様に女性のイマジネーションを満足させた着物ですから、今の髪型にもマッチしやすいものなのです。着物買取の場でも、大変人気が高くなっています。

着物買取を利用する人が増えています。タンスの中でそのままになっているよりも、着てくれる人に大切にしてもらいたいという気持ちからということも多いのですが、売りたい人ばかりでは成り立ちません。これには買いたい人も増えているという背景があるわけです。着物を普段からよく身に着けているような人が、不要となったものを買取に出し、掘り出し物を求めてまた買取の場に訪れるということはよく見られました。古い着物には今にない風合いもあり、古いイコール流行おくれというものではありません。凡庸な「リサイクル」という認識では、図れないものがあります。だからこそ、着物買取業者は、知識も豊富で、今のニーズを把握し、目利きの良い業者を選ばねばなりません。今の髪型にもマッチした身に着けやすい着物は大正時代にものに多く見られ、今ブームになっています。着物も洋服も楽しめる髪型にしている女性も増えました。それだけ高値で取引される可能性が高いものです。しかし大正時代の着物もまた価値判断が難しく、業者によってはおざなりの査定しかできない業者も少なくありません。しっかりとした査定を行ってもらうためには、鑑定士のレベルが高い業者を選ぶことが先決です。そういった業者は多くはありません。詳しくはこちらよりご覧ください

銀座の着物店と着物買取りについて

銀座にあるお店は高級店が多く、取り扱う商品も高級品と言ったイメージを持つ人も多いものですが、高級な品物だけが品質が良いわけではなく、リーズナブルな価格の品物でも品質が良い品物は多数在り、銀座は品質が良いものが多く在ると言った特徴を持ちます。

着物と言うのは、普段着る事が無いと言う人でも、結婚式などに参列する時には着て出かけたいと言う人も多くいますし、訪問着を1着用意しておけば、格式高い席に参加する時でも安心と言ったメリットも在ります。

銀座の中には着物を取り扱っている専門店が多数在り、新品の着物は勿論のこと、リユースされた着物も多数取り扱うお店が多く在るのが特徴です。

最近はビンテージ着物やアンティーク着物などに人気が集まっており、着物買取りを専門に行っているお店も在りますし、新作の着物を販売するお店でも、要らなくなったアンティーク着物など、古い時代の着物の買取りを行っている所も在ります。

また、着物買取りのお店の中には無料での出張査定を行い、その場で買取り価格が提示されるので、買取り価格で良ければその場で買取りが成立し、現金を受け取ることが出来るサービスを行っている買取りの専門店も増えています。

銀座には作家物と言った高級着物を中心として取り扱う着物専門店が多く在ります。

着物の知識が少ない人にとって、どれが高級着物になるのかと言うのは値段を見なければ解らないと言う人も多いものですが、祖父や母親などから譲り受けた着物の中にも有名作家の高級着物が含まれているケースも少なく在りません。

大切に保管されている着物であれば、価値はさらに上がる事になり、着物買取りを利用する事で現金化することが出来ると言うメリットも在ります。

普段から着物を着る人でも、新作の着物を銀座のお店で見つけたため、頭金として所有している着物を売却して新品を購入すると言う方法も可能になるなど、着物買取りを利用する事で現金化が出来る事や新しい着物購入も可能になるなどのメリットも在ります。

尚、銀座のお店の中には宅配を利用しての買取りサービスを行っているお店も在ります。

宅配買取りは全国対応となっているケースが多く在るため、銀座まで行くことが出来ない人でも安心ですし、宅配買取りは送料が無料になっているケースが多いので、余計な費用が掛からないと言う魅力も在ります。

銀座の買取りを行うお店の中には鑑定歴が長い着物のプロとも言える鑑定士が査定をするお店も在り、適正な査定をして貰える専門店も多数在ります。

着物買取のお店を選ぶときはいくつか比較する

着なくなった着物や和装小物は着物買取の専門店に持ち込むといいです。

買取店に持ち込むときには、事前にきちんと着物の状態を確認することが大切です。たとえば、着物の生地に汚れや穴、ほつれなどがないかということです。汚れがある場合は買取店に持ち込む前にクリーニング店に持っていって、汚れを落としておくことが大切です。

それから、着物はその季節にあった柄、色などのものを選んで持ち込むようにすると買取の査定にもよい影響があります。生地も季節にあったもので、春夏秋冬で違うものが着物にはあることを知っておくといいです。また、サイズにも気をつけなければいけないです。着物にもサイズがあって、フリーサイズになっているものが一番買い取りされやすいということです。特注のサイズのものや反物を仕立ててしまい、ほかの人が着ることができないようになっていると買取をしてもらえない可能性もあります。

着物買取のお店はいろいろなところがあるので、いくつか比較をして選ぶようにするといいです。ひとつのお店で査定をしてもらうのではなく、サイトなどを比較し、買い取り価格の目安を知っておくと便利です。

着物の買取店に持ち込むときのコツを知っておくとお店を選びやすいということです。

着物買取のお店に持ち込まれる着物にはいろいろな種類のものがあります。

人気のブランドのものや有名な産地のもの、現在流行っている柄のものやアンティークの着物などもあるといいます。それぞれの着物の査定をしてくれる人は専門の知識を持った鑑定士の方なのですが、お店を選ぶときには、この鑑定士がいるお店を選ぶことが大切です。

たとえば、大島紬などの着物だとプロの鑑定士が見たらすぐにわかるのですが、素人の場合、生地のよさなどをわからない人もいるので安く査定されてしまう場合もあります。なので、事前にいくつかのお店の比較をするときに鑑定士がいるかどうかを確かめることを忘れないようにします。

着物を持ち込むことができるのは専門の買取店だけではないといいます。リサイクルのお店に持ち込むこともできます。ですが、やはりしっかりとした査定をしてもらいたい、高額買取をしてほしいというときは、専門のお店が一番安心して査定をしてもらえます。

いくつかのお店の比較をするというのはとても大事なことなのです。着なくなった着物をほかの誰かに着てほしいという思いがあれば、やはり着物買取のお店へ持ち込むのが一番です。

詳しくはこちらよりご覧ください

着物買取の友禅の価値とは

着物買取では、同じ種類の着物でも、産地や織り方、染色技法などによって価値が異なってくることがよくあります。そのため、ある程度高値を期待していたら予想以上に安い金額になったというケースもありますし、ただ同然に買いたたかれることを覚悟して持ち込んでみたら、ある程度の金額になったというケースもあります。

一般的に、訪問着や留袖などに使われるような上品な柄の友禅は、比較的需要があるので高額で取引されています。加賀友禅や京友禅など産地によって呼び名も柄行も異なってきますが、いずれも古典的な普遍的に着用できるものもあれば、モダンな新柄もあり、人気の高い品物となっています。

中でも、高名な作家がデザインを手がけ、友禅で染めているような品物となると、双方の価値が評価されますので、比較的高値で取引されることもあります。ただし、作家の作品であることを証明する証明書や、反物の端についている証紙と呼ばれる品質保証所を保管しておいたほうが、その着物の品質を素人でも判断できる根拠となりますのでプラス査定になりやすいです。これらがついていない場合には、鑑定士によってはプラス評価の部分を見落とされることがありますので注意しましょう。

友禅を着物買取に出す場合には、高額で買取をしてもらうためのポイントがいくつかあります。品質が同じものの場合、サイズが大きいものの方がより高く買い取られる可能性があります。これは、着物は仕立て直すことによってサイズを縮めることは比較的簡単な反面、大きくすることが困難であるためです。近年では身長の高い女性も増えていることから160㎝以上の丈がある人の友禅はオークションでも比較的高値で取引されています。一方、身長が低い人でも、縫い代のところに生地を多めに織り込んで仕立てている場合には、ある程度サイズを大きくすることができますので値を上げることが可能です。

なお、着物買取の場合には、全く袖を通していないものであっても、仕立てている段階ですでに古着という扱いになりますので、思っていたよりもかなり安い金額でしか買い取ってもらえません。仮に反物で保管しておくと、自分のサイズに仕立て直すことができますのでかえって高く買い取ってもらえる場合もあります。

着物の買取に関しては、こちらの掲示板でもサイズによる価格の差、実際の買取り金額などいろいろなアドバイスを見ることができます。詳しくはこちらよりご覧ください

着物買取の友禅の価値とは

着物買取では、同じ種類の着物でも、産地や織り方、染色技法などによって価値が異なってくることがよくあります。そのため、ある程度高値を期待していたら予想以上に安い金額になったというケースもありますし、ただ同然に買いたたかれることを覚悟して持ち込んでみたら、ある程度の金額になったというケースもあります。

一般的に、訪問着や留袖などに使われるような上品な柄の友禅は、比較的需要があるので高額で取引されています。加賀友禅や京友禅など産地によって呼び名も柄行も異なってきますが、いずれも古典的な普遍的に着用できるものもあれば、モダンな新柄もあり、人気の高い品物となっています。

中でも、高名な作家がデザインを手がけ、友禅で染めているような品物となると、双方の価値が評価されますので、比較的高値で取引されることもあります。ただし、作家の作品であることを証明する証明書や、反物の端についている証紙と呼ばれる品質保証所を保管しておいたほうが、その着物の品質を素人でも判断できる根拠となりますのでプラス査定になりやすいです。これらがついていない場合には、鑑定士によってはプラス評価の部分を見落とされることがありますので注意しましょう。

友禅を着物買取に出す場合には、高額で買取をしてもらうためのポイントがいくつかあります。品質が同じものの場合、サイズが大きいものの方がより高く買い取られる可能性があります。これは、着物は仕立て直すことによってサイズを縮めることは比較的簡単な反面、大きくすることが困難であるためです。近年では身長の高い女性も増えていることから160㎝以上の丈がある人の友禅はオークションでも比較的高値で取引されています。一方、身長が低い人でも、縫い代のところに生地を多めに織り込んで仕立てている場合には、ある程度サイズを大きくすることができますので値を上げることが可能です。

なお、着物買取の場合には、全く袖を通していないものであっても、仕立てている段階ですでに古着という扱いになりますので、思っていたよりもかなり安い金額でしか買い取ってもらえません。仮に反物で保管しておくと、自分のサイズに仕立て直すことができますのでかえって高く買い取ってもらえる場合もあります。

着物の買取に関しては、こちらの掲示板でもサイズによる価格の差、実際の買取り金額などいろいろなアドバイスを見ることができます。詳しくはこちらよりご覧ください

着物買取で気をつける事、喪服

喪服は人生で必ず必要なアイテムのひとつと言えます。ブラックフォーマルのような洋装の喪服をお持ちの方も多い中、和装の喪服をお持ちの方も多いのではないでしょうか。亡き祖母や母から譲り受けた貴重なものな為、自分では着用しない・高価でデリケートなわりに出番が少ない・保管などに手間がかかるなどの理由で手放すことを考える方もいるようです。しかし着物買取の査定に出す前にいくつか注意しなければならない点があります。

着物には高い値段のつく素材のものと買取のしてもらえないものが存在します。例えば有名な布地で作られたものや手に入りにくい珍しい希少価値のある布地で作られたものなどが該当します。しかし化学繊維(ポリエステルなど)の多く流通する着物や無名の着物は高価な価格での買い取りは期待できないと考えたほうがいいようです。また着物はどのような体系の方にも似合うような構造をしているといっても低身長の方用に着丈を短く詰めてしまっているなど購入する方を選んでしまうような形になってしまっているものも一般的な着物買取店では難しいかもしれません。(しかしそのような状態のものも買取してもらえる場合がある為、とりあえず査定だけ受けてみるのも方法のひとつです。)

また喪服に多いのが家紋入りのタイプです。やはりお嫁入りをきっかけに嫁ぎ先で家紋入りの喪服を用意し着用する事が結婚式や結納などが簡素化した今でも色濃く残っているようです。とても上等なしつらえで美しい喪服が多いのですが、着物買取となるとマイナスポイントになってしまう事もあるようです。家紋はやはり人を選んでしまう為、買取を断られる・かなり安い値段やはぎれの扱いなど中古販売などの分野から考えると在庫になりやすい・手間がかかりやすいので一般的に断られてしまうこともあります。(家紋のない無地の場合は素材により査定が変わってくるようです。)

また着物の汚れ(カビ・シミなど)もチェックし対処することが買取価格を上げることにもつながります。

しかし近年着物の中古市場の取引先の多様化や需要の変化により一般には難しいとされるものも買取に応じてくれる店も存在するようです。またインターネット上にも様々な買取サイトが存在する為、自分の理想に合った店を探しメールや電話を利用して探したり、

査定だけは無料なのでせっかくの着物を無駄にしたくない方は駄目もとで現物をプロに見てもらうというのも良い方法だと思います。

詳しくはこちらよりご覧ください

着物買取で高額査定になるためのコツ

高額査定にて着物買取をしてもらうコツは、着物の状態をちゃんと確認するという事が一番大切です。買取査定を出す前に保存状態のチェックを行いますが、新品や仕付けが付いている未使用の物など、着た回数が少ないほど高額査定になります。目安ですが、どの買取店であっても10年以内の着物の場合高く買い取ってもらえる傾向があります。たとえ10年以上経過している着物の場合でも、有名な作家の作品であったり、色柄・保存状態が良い物の場合には高額査定になる事もあります。着物はシミや色落ち、汚れ、虫食いやカビなどがある場合には価格が大幅に下がってしまう事があるので、普段の取扱いには注意が必要です。絹の経年劣化や見た目はきれいでも裏地が茶色くなってしまったり、金銀彩や箔が色が変わってしまったりと保管に注意をしていても価値が下がってしまっている事があります。どんなによい着物でも長期保管しているとシミや色褪せが出てしまうので、着る予定がない着物は劣化してしまう前に早めに買取査定を行う事が高額買取のコツになります。認紙の有無のチェックも必要です。認紙は品質や産地などを証明するための用紙ですが、有無によって査定額が大きく差が開くので、査定の時には忘れずに提出できるようにします。

着物買取を高額査定になる可能性がある着物のチェックのコツは、生地の質、サイズ、作品の作家、産地、流行の柄かなどです。生地の質では、正絹ではないと高額買取対象にはなりません。生地がウールや化学繊維の場合には高額査定になる事はありません。化学繊維の着物でも買取を行ってくれる店もありますが、金額は少額になってしまいます。生地が正絹の場合には、絹の重量を表す匁が大きいほど高額になる可能性が高いです。生地だけでなくサイズでは、小さすぎてしまう着物や特別サイズの場合には買い手がつかずにリサイクル用の生地にしか用途がないので、買い取り額は低くなりますが、サイズのコツのひとつに誰でも着る事ができる仕立て直しができる場合には問題ないです。作家の場合には、人間国宝の作品が一番高額となりやすく、工芸会や国画会の有名な作家の着物や老舗の呉服店が仕立てた着物などが高額査定の対象になります。加賀友禅、京友禅、越後上布、薩摩絣、丹波布、結城紬など産地で高額査定の対象になる事がありますが、流行遅れの人気のない柄や色の場合には、査定額は安くなりやすいです。種類別では訪問着の場合が高額の査定がつきやすく、振袖や紬、留袖、小物、帯といった順番で査定が高額になります。

大島紬を着物買取に持ち込むとき気をつけること

着物には色々な産地のものや老舗のお店などのものがあります。

大島紬もそのひとつです。

大島紬と鹿児島県の奄美大島で織られている特産品のことです。昔からこれは織られていましたが、現在と同じように絹織物になったのは昭和になってからだといいます。大島の生地にもいくつか種類があります。なので、それぞれの特徴をしっかりと理解してくれる鑑定士の方がいる着物買取のお店に持ち込むようにするといいです。

買取店には着物のキズや汚れ、ほつれ、穴などがないかを確認してから持ち込むようにします。

汚れがあるときは、持ち込む前にクリーニング店に持っていってきれいにしてもらってから買取店に持ち込むといいです。特に襟が汚れているといい生地の着物でも価値が一気に下がってしまい、買取価格も下がってしまいます。なので、もし襟が汚れていたり、すそが汚れている場合はクリーニングに持っていき、きれいにしてもらうことが大切です。それから、季節にあった柄や色であることが大切です。

着物買取の専門店では大島紬は高額で買い取ってもらうことは多いです。ですが、状態が悪いものの場合、せっかくの大島紬も高額で買い取ってもらうことができない可能性があるので気をつけることが大切です。

大島紬の着物はその持ち込んだ人の採寸になっている場合は、買取価格が少し低くなってしまう可能性もあります。その理由は持ち主だった人の採寸で作られている場合、縫込みをしていないと次にその大島紬の着物を欲しがっている人が着ることができないので買い取りをしてくれるかどうかがわからないといいます。

着物買取のお店ではそのことも考えて着物をしっかりとチェックします。自分用に仕立ててしまった着物は買取のお店でも高額になるかどうかは実際に鑑定してみなければ査定の結果はわからないので一度持ち込むようにするといいです。

着物にもサイズというものがあります。たとえばどんな着物でも特殊なサイズになっていると買取はしてもらうことができたとしても、買い取り価格はあまり大きな金額になることはない場合もあるのです。基本的にフリーサイズで、反物から仕立ててしまっている場合は大島紬でも買取をしてもらっても小額になる可能性は高いです。

縫込みしてある程度ならば大島紬の場合は高額になることも多いです。ただし、状態がよく、きちんと保存管理をされていることがわかるものの場合です。

詳しくはこちらよりご覧ください

着物買取をするときはきちんと事前に色々なことを調べておくことが大切です。